日本の取締役会の出張

2019年4月3日から10日まで、スアンロクホアビン大学(CBXL)の学長であるJoseph Nguyen Van Uy神父が、アカデミーの学長の招待を受けて、タイケンアカデミー(日本)を訪問し、協力しました。

この旅行で学長に同行したのは、試験品質保証部門の責任者であるマスター・ダン・タン・ハオと、芸術科学部の職業学部の責任者でした。

日本では、タイケン学園の学長である柴岡三千夫氏と田中国際交流センター所長から代表団が温かく迎えられました。校長と教育訓練学部の教師は、東京と埼玉県にあるアカデミーの施設を訪問するように案内されました。

会議中、双方は2014年10月27日に両校間の合同訓練契約を繰り返し、関係は長年にわたって深まった。この機会に、理工学部の学生が大学の多くの最新技術にアクセスできるように、トレーニングの連携における両大学間の緊密な関係を強化するために、双方はいくつかの点で合意しました。 。ベトナム留学中の日本。

大学生の日本語能力を向上させるために、HBXL:タイケンアカデミーはオンライン教室の設置をサポートし、HBXLカレッジから日本語教師を受け入れ、アカデミーに転校します。モバイルデバイスを介して日本語学習アプリを学校に配信します。

双方は、観光、情報技術、大工仕事の分野での共同訓練のモデルを共同で構築し、大工アカデミーは自動車技術学部の訓練機器をサポートします。

グエン・ヴァン・ウイ神父は、タイケン学園の会長と指導者を大学に招待して働きたいと考えています。2019-2020学年度の開校(2019年10月に予定)の際にHBXL、柴岡三千夫氏は受け入れる氏を招待しました。

この任務の間、学長はタイケンアカデミーで勉強しているHBXLの留学生の信仰生活を世話しました。

日本での滞在中、学長と教師は訪問と共有を容易にするために学生寮に滞在しました。特に、学長は告白し、子供たちと毎日ミサを祝い、彼らが聖週間に向けて心を整えるのを助け、イースターを祝います。

2019年4月の入学期間中に、HBXLの07人の学生が大研アカデミーに留学し、ここで勉強しているHBXL留学生の数は100人になりました。子供たちは朝霞カトリックコミュニティが位置する朝霞駅周辺に住み、朝霞というベトナムのカトリック青年コミュニティ– Hoa Binh XuanLocになりました。彼らは常に連帯の精神を持っており、集団のために犠牲を払う方法を知っており、お互いを愛し、支え合っています。

これらの良い結果を促進し、クリスチャンになるにふさわしい生活を送り、神の愛に応えるために「あなたの生活環境で神の慈悲の証人になる」ことを常に意識してください。愛するHBXLカレッジを通じて:「ホアビン学校は永遠に輝きます。それぞれの子が山や川を永遠に賛美するために出かけて喜んでいるからです」(歌:ホアビン行進)。

02513980789
icons8-exercise-96 challenges-icon chat-active-icon
chat-active-icon